古川モータースの自動車事故の疑問

●自動車事故が起こってしまったらまず何をしたらいいの?<自動車事故時の初期対応>

自動車事故が起こってしまったときは、できるだけ落ち着いて的確な行動をすることがその後のスムーズな事故解決につながります。

  • 1.車を安全な場所に止める → ケガ人の救護と二次災害の防止のため、車を安全な場所に移動しましょう。
  • 2.ケガ人の救護 → 救急車を呼ぶ等適切な救護措置をとりましょう。
  • 3.警察への連絡 → 最寄りの警察署に届け出ます。 警察への届けがないと保険が使えない場合があります。
  • 4.事故状況・相手方の確認 → 事故の場所・時間・相手方の氏名、連絡先・相手車の登録番号を確認します。
  • 5.古川モータースへの連絡 → 4.の内容を元にできるだけ早く連絡しましょう。
    ☆事故現場での大切なポイントは、事故現場で安易に示談せずに「保険会社と相談してから連絡する」と言うことです。

    ☆自動車保険に入っている場合、示談交渉は保険会社が行いますが、被害者へのお見舞いは道義的な問題であり、運転者の方で行って頂く必要があります。

    ☆特に人身事故の場合、運転者の誠意(お見舞い)の部分が事故の解決に影響を及ぼすことも少なくありません。

▲TOP

●自動車事故の相手とは誰が交渉するの?<自動車事故時の示談交渉>

自動車事故の相手との示談交渉は,自動車事故の解決において最も重要なことです。示談交渉には専門知識が必要となることもあり、時として煩わしいと感じるものです。ご加入されている保険の種類によっては,煩わしい示談交渉を保険会社がご契約者に代わって行う「示談交渉サービス」をご用意しています。

    自動車事故を起こしたときは解決の条件を示談書にまとめて当事者間で交換するのが一般的です。
    例えば、修理代は何%こちらで払います等記載し、今後当該事故に関して双方が言及しないようにするものです。
    後日のトラブルを避けるためにも明確な内容にて示談書を作成することが必要です。


▲TOP

●自動車事故の時の過失割合ってなに? <過失割合>

自動車事故の際、どちらがどれだけ責任があるかという割合のことです。お互いの損害を、過失割合に応じて賠償しあうこととなります。

    過失割合とは、自動車事故の際にどちらがどれだけ責任があるかということです。自動車事故の解決において、お互いの損害額を決定し、過失割合に応じて損害を賠償しあうこととなります。

    過去の事故判例や道路交通法の優先権や運転の慣例等から事故の形態別に一般的な過失割合が決められていますが、現実の事故の形態は千差万別であり詳しい事故状況より最終的な過失割合が決められます。

    例えば過失割合が相手7:自分3となった場合、相手の方が過失割合が大きいとしても自分の方のケガやクルマの損害の3割は自分の責任となり相手から補償が得られません。
    動いている車同士の場合は100:0になることはとても少ないので、自分の方のケガやクルマの損害を十分にカバーするために,人身傷害保険や車両保険で万全の備えをしましょう。

▲TOP

●自動車事故を起こすとどんな処分(罰金・減点など)があるの?<自動車事故時の責任>

自動車事故を起こしたときには、相手への賠償責任を含め刑事上、行政上、民事上の3つの責任に問われます。

    自動車事故を起こした時は3つの責任に問われます。

  • 刑事上の責任 → 懲役・禁固刑・罰金刑等の処分のことです。処分は過失の内容、被害の程度等により総合的に判断され、科されることになります。


  • 行政上の責任 → 公安委員会による免許停止や取消の処分のことです。処分は事故違反の内容により点数が定められています。


  • 民事上の責任 → いわゆる損害賠償のことです。被害者が死傷したり、財産的損害を被った場合その損害賠償をしなくてはなりません

▲TOP

●借りたクルマで事故を起こしてしまったら?<借用自動車での事故>

自動車保険はクルマについています。友人などからクルマを借りた場合、自分の保険で補償できるケースもありますが、まずは事故を起こした車に自動車保険が付いているかどうか、保険の対象になるか、補償額は十分かなどを確認することが必要です。

    自動車保険は車に付いているものなので、まずは自動車事故を起こした車に自動車保険が付いているかどうかを確認することが必要です。
    その上でその自動車保険が使用できる場合(友人のお車の保険が年令条件や家族限定等によりあなたが運転していた場合に対象とならない契約でない場合)は、友人の自動車保険を使用することができます。

    この場合、車の持ち主(その友人)が保険を使わせたくないと言っている場合や、あなたが車の持ち主に迷惑をかけたくないと思われる場合は、あなたの保険を優先的に使用することができます。

    【対人・対物・自損事故保険・車両保険について、お客さまの希望により借りた自動車保険に優先して、保険金を支払うことができます。
    ただし、借りられたお車の車種や、自動車保険の内容により、お支払いの対象やお支払いできる範囲が異なりますので詳細は、取り扱い代理店・弊社営業課支社にお問い合わせください。

▲TOP

●飲酒運転で事故を起こしてしまったら? <飲酒運転での事故>

飲酒運転で事故を起こした場合、相手への賠償を除き自動車保険からは補償されません。

    飲酒をして運転しているその本人に関しての補償は受けられません。 しかし、対人賠償・対物賠償保険など相手に対する損害賠償については、被害者保護の理由により支払われます。 また、搭乗者傷害保険も同乗者は補償されますが、運転している本人に関しては、一切補償が受けられません。 車両保険に関しても補償は受けられません。

▲TOP

●クルマの遠出で事故を起こした。近くに事故センターはないの?

もし万が一クルマで遠出をしたときに事故を起こしても大丈夫です。日本全国にひろがる三井住友海上の事故サービス網がお客さまの信頼におこたえします。

    日本全国にひろがる三井住友海上のサービス網がお客さまの信頼におこたえします。 どこで自動車事故がおきても安心です。 全国にはりめぐされた三井住友海上の損害調査網が、親切な事故対応と迅速なお支払いをお約束します。

    お電話でのお問い合わせ
    0120-258-365
    ジコハ-365日
    <保険金お支払センターのご案内はこちら>
 
▲TOP

●夜間や休日に自動車事故を起こした場合はどうすればいいの? <安心ステーション>

24時間365日、休日・夜間を問わず、事故の受付・相談を行っています。全国の専任担当者が親切かつ迅速な対応を行います。

  • 夜間休日事故受付 … 各種保険の事故のご連絡を夜間休日も受け付けております。
  • 初期対応 … 事故の相手の方や修理工場、治療先病院への連絡、さらに代車の手配などを業界で最長の夜10時まで提供しています。
  • 事故相談 … 熟練した専門スタッフが事故相談を受け付けております。
  • 損害調査 … お客さまの最寄り拠点の専任スタッフが、相手の方との面談、修理工場訪問、事故現場の確認などを行います。
  • 中途経過報告 … 事故解決の中途段階で、解決に至るまでの経過をお客さまへご連絡します。
  • 事故解決 … 各種専門知識を身につけたスタッフが迅速かつ円満な解決を目指します。
  • 保険金お支払い … お支払い金額が確定し必要書類がそろい次第、スピーディーにお支払いします。

▲TOP

●休日の人身事故!相手は入院!どこに相談すればいい? <休日対人事故急行サービス>

お客さまが人身事故の加害者となり、被害者の方が入院または死亡した場合に、お客さまのご要望に基づき、交通 事故アドバイザーが休日でもお客さまと面談し、今後の事故対応の流れや自動車保険金請求方法などを助言する「休日人身事故急行サービス」をご用意しています。

    交通事故、ましてや人身事故に遭遇することはないに越したことはありません。
    しかしながら万一、お客さまが加害者となり被害者の方が入院や不幸にして死亡してしまった場合、事故後の対応や賠償などについて途方にくれることもあるでしょう。

    お客さまが人身事故の加害者となり、被害者の方が入院または死亡した場合に、お客さまのご要望に基づき、交通事故アドバイザーが休日でもお客さまと面談し、今後の事故対応の流れや自動車保険金請求方法などを助言いたします。

  • - 利用方法 -
      事故のご連絡時に、あわせて窓口にお申し付け下さい。
        安心ステーション  TEL:0120-258-365 FAX:0120-258-551

▲TOP

●土曜日に修理したいのに保険会社は休み。早く修理するには? <土曜日事故車立会サービス>

仕事の都合で休みの日しか修理工場に持っていけないけど、保険会社は休みで修理が遅くなってしまうと困る。そんなときにお客さまや修理工場のご要望に応じ、土曜日でも事故車損害確認のための立会調査を実施する土曜日事故車立会サービスをご用意しています。

  • -概要- お客さまや修理工場のご要望に応じ、土曜日でも事故車損害確認のための立会調査を実施します。
  • -サービス内容- 1日でも早く修理が完了し、お車がお客さまの元に戻るよう、土曜日でも事故車の損害確認を行います。 車両保険事故、対物賠償保険事故いずれの場合も対象となります。
  • -サービスの利用方法- このサービスは日本全国でご利用になれます。 前日の金曜日までに古川モータースにお申し付け下さい。

▲TOP

●自動車事故の相手とは誰が交渉するの? <自動車事故時の示談交渉>

自動車事故の相手との示談交渉は,自動車事故の解決において最も重要なことです。示談交渉には専門知識が必要となることもあり、時として煩わしいと感じるものです。ご加入されている保険の種類によっては,煩わしい示談交渉を保険会社がご契約者に代わって行う「示談交渉サービス」をご用意しています。

    自動車事故を起こしたときは解決の条件を示談書にまとめて当事者間で交換するのが一般的です。
    例えば、修理代は何%こちらで払います等記載し、今後当該事故に関して双方が言及しないようにするものです。
    後日のトラブルを避けるためにも明確な内容にて示談書を作成することが必要です。


▲TOP

●自動車事故の手続きや相手との交渉はうまくいっているのかな? <自動車事故解決の中途経過連絡>

示談代行付きの自動車保険にご加入のお客さまに対し、お客さまに代わって行う示談交渉の状況など、事故解決に向けた中途経過をご連絡し、お客さまの不安の軽減に努めています。

    示談代行付きの自動車保険にご加入の場合、お客さまに代わって事故の解決を致します。
    とはいっても、ご自分の事故の解決がどう進んでいるのか心配なものです。 そこでお客さまに安心していただくために、解決の中途連絡をタイムリーに実施しております。

    ご連絡は進捗の節目々々に、お客さまもしくは代理店に、お電話もしくはお手紙にて実施しております。

▲TOP

●自動車事故解決の手続きってどういう流れなんだろう?<自動車事故解決までの流れ>

事故をご報告いただいてから解決まで、中途経過のご連絡をさせていただきながら、お客さまに迅速に安心をお届けするために、スムーズな事故解決を進めています。

▲TOP

●自動車事故の手続きはいろいろ煩わしいよね。もっと楽にならない? <自動車事故に関するさまざまなサービス>

  • <交通事故証明書取付> 保険金請求に際して交通事故証明書が必要な場合があります。その場合、お客さまに代わって、弊社が取り付けを行います。
    (交通事故証明書取付料金はいただきません。)


  • <保険金請求書・示談書の省略> 車両保険、対物賠償保険事故では、原則として保険金請求書類のご提出を省略し、お客さまのお手間を省くとともに、スピーディーな保険金のお支払いに努めております。
    また、一定の条件のもとで示談書類の省略も実施しており、お客さまのお手間をより一層少なくするよう努めております。


  • <保険金内払い> お客さまの当座の出費に対応するために、最終的なお支払い額が決まる前でも、保険金の一部を前払いいたします。
    (対象保険種目:自動車保険、傷害保険、火災保険)


  • <訴訟時のバックアップ> 示談代行付きの自動車保険の場合、円満な事故の解決に向けて努力してまいりますが、中には交渉の折り合いがつかず、訴訟となるケースもございます。
    万一訴訟となった場合でも、お客さまをバックアップできるよう、全国に顧問弁護士を配置しております。

三井住友海上は『GK クルマの保険』で、もうひとつ上の安心をご提供します。
▲TOP
TOPへ
古川モータース   〒665-0021兵庫県宝塚市中州 1-11-6   TEL:0797-72-2150   FAX:0797-74-1961